2005年11月19日

長崎ぶらぶら食い倒れ道中記節。二日目。

二日目は佐世保攻略。
海軍海J海HO萌えが揃ってるので行かない訳にはいかないでしょう!
てゆか、言い出しっぺの秋津さんの食い倒れコースチェックポイントにも『佐世保バーガー』が入ってたしな。

まむろさんも到着して早速佐世保へ移動。途中まむろさんのジャンル友達のAさん(地元民)も合流。
佐世保駅に着いてまずはセイルタワーへ向かう。
人数が四人だったのでバス利用と料金トントンだろうって事でタクシーを利用。タクシーの運ちゃに女四人で海J料館に行くってのを不思議がられましたw
セイルタワーは佐世保資料館の通称。『佐世保史料館は、海軍の佐世保水交社の一部を修復し、これに近代的な新館を増設した艦艇史料館となっております。 展示内容も海軍の歴史や海上自衛隊のあゆみ等についてグラフィックや映像、模型等最新の技術と展示手法を駆使してわかり易く解説しています。貴重な資料と調和を保って展示した文化施設として、広く一般の方にも親しまれています。』とゆー物。
もうアレだ。

宝の山。萌えの殿堂。

image/mikaboshi-2005-11-19T23:11:57-1.jpg

施設も新しくて綺麗だし充実してるし、これで入館無料ってんだからイイよね!
これなら税金楽しく払うわ(笑) 人によってはこれが「税金を無駄に使いやがって!」なんだろうけど、こうやって市井の人々に広報しようってー姿勢は認めてやって頂きたいw

中で色々映像も流してるんですが、ミニシアターでの上映もあってですな。その中でやってた海軍〜海自の歴史の話。大正三年の風景が映った時、そこに映ってた女児の姿がすんげー可愛くてさ〜、思わずそっちに目を奪われてたら、背景に映ってた浅草十二階、凌雲閣に気付くのが遅れた_| ̄|○
あ!と思ったのと同じく隣に座ってた秋津さんに「十二階だね」と言われる。言われた途端に映像が切り替わってしもたー。
ああぁん、チラっとしか見れなかったァ〜〜。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

二本を交互に上映してたので、もっかい見直す程の根性はありませんでした‥‥。一人だったら見直してたかも知れないんだけどなー。

そんなこんなで、7階から1階までをこれまたすんげーゆっくり見て回りましたよ。
7階からの佐世保湾の眺めも良かったです。停まってるお艦も見えました。ウヒv

特別展で日本海海戦百年記念の展示をやってたんですが、その中展示してあった新聞で「東亰日々新聞」がありました。『東亰』って文字に脊髄反射(笑)


東亰新聞.jpg
(クリックで拡大)
因みに明治38年5月30日の新聞

その文字を見ただけで幸せになれる自分も安上がりな女だなぁとか思ってみたり(笑)
その他、地名に『万』の字と『平』の字とあるのが並んでるだけでニヤ〜っとなってみたり。安上がりなのか根っこのその先迄腐ってるのか。(多分どっちも)

その他、入口部分で制服を着て記念写真が撮れるコーナーがあったんだけど、そこにあった衣装を着ようとして所にやってきた集団見学者の内の一人のおっさんが水兵さんの衣装(セーラー)を来て、そのまま館内見学に行ってしまった。暫く待ってたけど返しに来なかったよ。
ああ言うのはどうなんですか。駄目だろう。入口に隊員居るんだから注意しろよ。
てゆかむしろ衣装をもっと置いておかんかい。
取り合えず幹部用の上着と帽子を着用して記念撮影。

セイルタワーを後にして、移動をしようとしてたら近くにレトロ感溢れる建物が。

佐世保市民ホール.jpg

どうやら市民ホールの模様。良く良く見ると、元々は旧海軍佐世保鎮守府凱旋記念館だったらしく。壁には桜に錨の模様も。折角なのでと外観の写真を撮ってるとたまたま中から人が出て来て「見学して行きますか?」と声を掛けて頂く。
見学出来るんですか?と食い付いてみる。
中に入って吃驚。どブルー。

なんですかこれは。海の青に空の青ですか。

なんでも戦後に※軍に接収されてた時代にめりけんさんが塗りたくったらしい。
相変わらず無茶しよんな、※軍は。

大正時代の作りらしく、江田島の術校の大講堂と似た作り。

佐世保市民ホール2f.jpg


週末でホール利用の予定も入ってんだけど、直前に変更になったとかで空いてたそうです。ゆっくり内部を見せて頂きました。
案内して頂いたのは管理員の方。色々思い入れがあるらしく、熱く語って頂きました。
熱く語られ過ぎて思った以上に時間食ってしまいました。
や、貴重な話を色々聞けましたが。

たっぷり話を聞いて、やっとこ解放され(苦笑)て改めて昼食に向かって移動。
とへとへ歩き乍ら、途中のアーケードで『とっQ』の漫画の中で描かれた景色を検証w
コミックス片手のAさんからここはあそこ、あそこがこれと説明して頂く。いやぁ、あの漫画スゲーな!背景モロまんまだよ!
これ以降、作中の地取りをあちこちでやる。

さて、丁度アーケード周辺の広場でイベントをやってて佐世保バーガーの出展もあったのでそこで食べる事に。(最初はセイルタワーの近場のにしようとしてたら人気店なのでごっつ待ち時間が長くて諦めた)
食べたのは『ロン』て店のバーガー。バンズの焼き具合も程よく具もたっぷり。たっぷり過ぎ。大変美味しく頂きますた。

佐世保バーガー.jpg

更に人気店のサンドイッチを途中で買って公園でつつく。マヨネーズが甘くて美味しかったです。しかし甘いマヨネーズが人気でキモとは言え、マヨネーズたっぷり過ぎ。マヨが溢れるマヨラー垂涎の品のよーなサンドでした。

更にうろつく。近くに名物の『海軍さんの入港ぜんざい』ってのをやってる店があると聞いたので折角なので行ってみる。
甘い物はベツバラ。

帰港ぜんざい.jpg

ベツバラとは言え、結構ボリュームある上にミニ鯛焼きがでごーんと御鎮座ましましてて可成り満腹になりますた。
旨かったですよ。
中で泳ぐ鯛焼きは、黒あん白あんクリームの3種類から好きな物を選べました。

だらだらしてたらかなーり良い時間に。
佐世保と言えば景色の良い西海橋てのがあります。
儂もおかんから「折角だから行って来たら」と言われてましたが、秋津さんが実は高所恐怖症。「絶対行かない」と言ってたので行かないモンだと思ってたけど、トッQの作中に出て来るからって事で行く事になりましたヨ。
やーギリまで行くかどうかって話はしてたんだけど、ちょっと遠いし行かない物だろうと思ってたんですがね。行く事になりましたヨ(゚∀゚)
て事でタクシーに乗って西海橋目指してゴ。

途中、針尾無線塔が見える。
デカイ。ありえん位でかい。遠近感おかしくなる位でかい。
てゆか、あそこ絶対秘密基地があって、巨大ロボとか出て来るだろう。

針尾無線塔.jpg

三本の塔からビームとか出て来て攻撃するだろう。

因みに、大正時代に海軍さんが作った物で、戦後は海保が使ってたそうです。つい最近(平成9年)まで現役で使われてたそうですよ。
高さ137m。
近くに行って写真を撮られてるのがこちらのサイトにありました。見上げるとスゲーなー。

さて、それから西海橋
橋の下では渦がぐるぐる巻くので有名。季節や時間帯によってあったりなかったり大きかったり小さかったり。春は桜の名所としても知られるそうです。1500本とかあるんだって。スゲー。

さて、橋をちょっと進んだ所に望遠鏡も設置してあって、見学出来るようにちょっと場所を取ってあるんだけど、そこに行く迄歩道が無い。車道の端をてれてれ歩いて行かねばならない。
秋津さん、大ピンチ。
私は何とかと一緒で高い所好きなのでほいほい行く。高い所よりごんごん通る車のが怖いわ。
そんな私が秋津さんの手を引いて5mばかし先の展望スペースへ。
なんだかんだと進んだ秋津さん。

萌えってスゲーね!
恐怖を克服するんだよ!


本能(-)を本能(+)で押さえる人を見ました(笑)

それはそうとしてスッゲー良い眺め!
暫く眺めて車道を横断。反対側の眺めから漫画で描かれたポイントを見学。スゲーなぁ、ホントに景色まんまだよー。向うの丘の上の木立の幹の透け具合まで一緒だよー。アシスタントは神だな。

西海橋全景.jpg

海に向かって遊歩道が通ってるので、下って行ってみる。
下から見上げる景色もまたスンバラスィー。

西海橋引き.jpg

そして橋の下、向かって左側の磯場を進んでみる(アウトドアっこ★なのでそんな場所も慣れっこ←主に仕事で)途中の岩の上でまむろさんと火サスごっこ(追い詰める人と追い詰められる人のポーズ)をしてみたり(笑)

潮も引いてたのでひょひょいと岩を越えて橋桁の下へ。
見上げる橋桁〜。

西海橋下.jpg

こう言うアングルが好きなので、撮れる時はがんがん撮る。

日没も近付いて来たので移動。
タクシーを呼んで待つ。待つ。可成り待った。
やっぱりナンだな、こう言う所は自家用車でも無いと駄目だな。
しかし待った先にやって来た運ちゃんはスゲー良い人で、混んだ道を避けてスイスイ行ってくれた。

移動先は佐世保駅近くのちゃんぽんの店。

これまたトっQでさなだ隊長がちゃんぽん食ってたであろうと思われる店w

四人で行って、三人はちゃんぽん、儂一人ラーメン頼みました。いや、ちゃんぽん食う程の余裕が胃に無くてさ‥。
でも、ラーメンもごっつぅ旨かった!マジ!
ちゃんぽんもちょっとすすらせて貰ったけど、これまた激(゚д゚)ウマー

お富さんちゃんぽん.jpg
(秋津さん撮影)

こりゃさなだ隊長もぞるぞる食うわな!

食べ終った後、佐世保港へ移動。
これまたトッQの作中で出て来た現場を地取り(笑)
またここもがっつり描き込みがまんまなんだよ。スゲーな〜。
作中では夜のシーンだったけど、図らずも夜の佐世保港をウロ付く事に。
夜景の中に浮かぶ街頭なんかの灯りも幻想的。

佐世保港.jpg

岸壁の端のライトには浮き輪が。潜水勝負して溺れそうになっても安心だね!(違)

ものっそ遊び倒した佐世保を後に宿のある長崎へ戻る。
やー、楽しかった!
Aさん、案内ありがとうございました!!

明日は最終日。グラバ園攻めに行くどー!
posted by サキク at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック