2005年11月18日

長崎ぶらぶら食い倒れ道中記節。一日目。

そんなこんなで長崎旅行。

始まりは某日の秋津さんからのメル。「11月に長崎にぶらり一人旅に行こうと思うんだけど、一緒に行かない?」と。誘ってる時点でぶらり一人旅じゃねーよと返しつつ承諾。その後まむろさんも一緒に行く事に決定。
そもそもは秋津さんが「トッQ」読んでたらちゃんぽん食いたくなって会社の近くのちゃんぽん屋に食いに行ったらそれが不味くて腹立って長崎迄食いに行ってやれと思い立った所からだったので観光ポイントよりもメシのチェックポイントの方ががっつり決まっていた女三人の旅行かよっつーノリでレツゴ★

秋津さんは木曜の夜、仕事が終ってから長崎へ飛行機で。儂は木曜の(略)高速バスに乗って翌朝長崎入り。まむろさんは土曜の朝に長崎入り。各地からバラバラに現地集合現地解散の「旅行?」な旅。
広島から長崎へ直通のバスが無くなってしまってたので博多で乗り換え。

行きの夜行バスん中で隣の席の兄さんの首枕がリラックマのぬいぐるみで笑ってしもただよ。確かにもにょっとしてて心地よさそうだけどさw
そして博多では天神の道々でお巡りさんが道路上で交通整理してたり、ビルの窓拭きしてるのがカゴに乗ってじゃなくてロープで一人一人が宙ぶらりでぶら下がってやってるのを見て驚いた。広島では見ないなぁ〜。


さて長崎に着いて一足先に宿に泊まってた秋津さんと合流。宿に荷物を預けてレツゴ。
浦上天主堂に行きたいと言う秋津さんの意見からまずは浦上天主堂へ。
この日はうろうろするだろうと電車(路面電車)一日乗り放題券を購入。500円ナリ。長崎の路面電車はワンマン一律100円なんで五回乗れば元取り。
浦上天主堂に着いててれてれ見学。被爆のマリア像の頭も見る。しかしこっそり言えば普段からキリスト教嫌いの儂だからか堂内では居心地悪い何とも言えないオーラがプレッシャーの様にのっしりと乗っかかって早々に退出してしもした。なんだろう、あの『厭なら来るな』『キリシタン以外お断り』のよーな空気は。
その後隣の平和公園へ。

中学生の頃の修学旅行が九州一周旅行だったので当時も平和公園へ行ったけど、当時はもっと広く感じたんだけど、今回行ったらそうでもなかった。‥‥あの時は集団で移動してたから広く感じたんかなー。
丁度広場で修学旅行生が集合してるのをのんびり眺め乍ら写真を撮る。

電車で戻って次は諏訪神社。
儂の長崎観光は「諏訪神社と出島地区に行けたら後はどこでもいーよー」だったのでウキウキと移動。
長崎在住の友達、るるちゃんに「諏訪神社行ってくるよ」と行ったら「おくんちの時期じゃ無い諏訪神社行って何が楽しいの?」と言われたけど行った。それを福岡出身の母に話したらその通りだと言われたけど行ったさ。
良いんだよ。フツーに神社仏閣巡りが好きな人間に取っては楽しいんだから。

‥‥‥フツー?

因みにるるちゃんには「最近出来た長崎奉行所を再現した所に行くのかと思ってた」とも言われました。
そゆのが好きだと分かってるなら(ry
そしてその奉行所には行かなかったんですけどね。ホラ、元々の目当てはちゃんぽんだから(w

秋津さんも某小説(だっけ?)の舞台になってた諏訪神社には行く気満々だったのでうきうきと参拝。
長い石段をてれてれ上って社殿へ。石段の途中には石の鳥居が幾つか並ぶ。形は明神鳥居。山門の左右には左大臣と右大臣。拝殿まで昇ってお参りをする。御神酒が置いてあったので頂く。
境内のお稲荷さんを拝んだり、河童狛犬(頭に皿があって甲羅を背負ってる狛犬。蛭子社の池の前に置かれてる)に水を掛けたりしながらぐるぐるたらたらする。
居心地イイ〜(´∀`*) さっきの天主堂と違って居心地良いわ〜、と秋津さんに話しながらすんげー長居。
ウロウロしてたら太鼓の音と神楽囃子の音が。拝殿に戻って覗いてみたら七五三のご祈祷やってました。子供可愛いなぁ〜。
二人して御朱印帳を持って来てたので、授札所で御朱印を押して貰う。
そんで一緒にお神籤引いてみたら 半 凶 ですた‥‥。
‥‥凶って文字をお神籤で見たの、何年ぶりかしら〜‥‥‥。


だらだらし過ぎて時間経過しまくり。予定ではこの後眼鏡橋に行ってから昼食のちゃんぽん食いに行こうとしてたけど、先にちゃんぽんに行く事に。
(後から気が付いたけど、境内に『我が国最初の噴水』ってのがあったんだね〜‥。見損ねた〜。)

昼は『四海楼』でちゃんぽん。ここは長崎ちゃんぽん発祥の店らしい。びっくりする位立派などーんとした店構えに吃驚。店構えは↑のリンク先から見て貰えれば分かりますが、兎に角スゲーです。
後、紹介されてないけど、エレベーターにも遊び心があってステキでした。『↑』『↓』とかじゃなくて『昇』『降』。階の表示は漢字。
正面の大階段のレリーフは数匹の龍。その一番下の方には鯉が数匹。こ、細かい!!登竜門ですか、これは!

大階段を昇ると二階部分のちゃんぽんミュージアムの入口に居たお姉さんがすぅっとミュージアムとは反対側のエレベーター前に行ってエレベーターのボタンを押してくれました。なんてステキな心配り!
お昼も少し過ぎてたので殆ど待たずに着席。ちゃんぽんと餃子を頼んでみますた。レストランは五階。窓際の席で眺めも最高でした〜。

四海楼ちゃんぽん.jpg

ちゃんぽんの上には錦糸卵がトッピング。おお、こんなん初めて見るー。
広島風お好み焼きを作ってる途中のよーにそびえ立つ野菜の山。このボリュームがタマランね!
食べると玉子の甘さと野菜の旨味が素敵にマッチング★美味でございます〜〜〜♪(大奥風に)

昔、家族旅行で九州一周旅行した時に長崎で食ったちゃんぽんが激マズで、ウチの近所の中華料理屋のちゃんぽんのが旨いがな、と言う経験があったので、実はそんなに期待はして無かったんですが(笑) イヤモウ!マジに旨かったすー。
個人的にはもうちょっと味が濃くても良いので胡椒を掛けつつ頂きますたー。
でもちゃんぽんは激(゚д゚)ウマーでしたが、何故か水は不味かったです。

ついでに。店の作りも豪華じゃったが、トイレも凝ってて凄かったッス。

食べ終って一階部分が土産物屋になってるので少し冷やかして行く。ここで私の大好きなチェリー豆をゲト。わーいわーい。

満腹になった所で次は眼鏡橋〜。
ここも昔来た事あったけど、行ってみたら護岸工事中で微妙な景観になってますた。残念‥‥。

ここで屋台のアイスクリン。
バラの形に盛って呉れるっつーステキ演出。
ここまでの職人技でも百円。安っ!

image/mikaboshi-2005-11-18T22:21:48-2.data


この道30年以上だと言うおばちゃんが見事な薔薇を造り出す。すげぇな〜。
作って行く手順を見乍ら『バラを描く時と同じなんだけどな〜』とか思ったヲタは私です。
内側から外の花弁へと順番に順番に〜‥‥。

アイスクリン食った所で次は出島へゴ。(眼鏡橋の記述よりアイスクリンに終始かよ)

築町の電停を降りてちらちら歩く。

しかし眼鏡橋周辺に続きここも工事中だらけ。
オウノウ!まぁでも資料館は見れるし、ミニ出島が見れるからそれで良い事にしとく。

ここで長崎県民のるるちゃんと「折角行くんだから茶でも」と呼付けていたものの、予定の待ち合わせに微妙な時間になって来たのでちょっと早足。いっそ工事中で丁度良かったんかも知れんな‥‥。
ウロウロしながら『バドミントン発祥の地』の碑を発見。へぇ〜へぇ〜。
所で案内所の中に軍艦島見学定期船のポスター張ってありましたよ。
そうか、ついに定期船出すよーにしたのか。以前はそこらの漁船にお願いしないと近付けなかったのに。
そんな具合で出島地区をさら〜っと流して長崎駅へ移動。

るるちゃんも遅れて来たので、待たせずにすみました。わざわざ出て来てくれてありがとう、るるちゃん。
そしてるるちゃんに浜町にあるリトルエンジェルズっつーケーキ屋さんに連れて行ってもらいました。
‥‥‥迷わずに辿り着けて良かったよ‥‥。るるちゃんの事だから、絶対迷うと思ってたもん(真顔)

辿り着いたお店はケーキは小振りでも安くて美味しい所。ケーキ二個にドリンク付けて500円でお釣が来たよ!スゲ!
そしてケーキがまた旨いんだー!試食です、って新商品もちょろちょろ頂けたし、大変ステキなお店でした。名物はチーズケーキのフロマージュ。本気で旨かった。
そしてお水の変わりに出て来るレモン水に近い感じの味の酢系ドリンク。店内でそれのモトを販売もしてるんだけどちさいグラスにご主人がどんどん注ぎ足し注ぎ足しして呉れるのです。るるちゃんが「どんどん注ぐからケーキ食べる前に水でお腹一杯になっちゃうんだよ〜」と言ってたけど、そん位の勢いで水が注がれます。わんこ水。
いや、その水が美味しいからまたついつい飲んでしまうのよさ。
皆でそれぞれチーズケーキだのマロンのムースだのいちじくのケーキだのシュークリームだの頼みましたが、どれも美味しかったです。焼き菓子も旨かったでつ。

お茶の後、アーケードをぶらぶらと。
うっかり着物屋さんの店頭で売ってた柄足袋で可愛くて安いのがあったので購入。
なんで旅先ってこう無駄買いしちゃうんだろうなぁ。(←柄足袋のついでに白足袋も安かったので買ってしまった)
さっきケーキ食ったばかりだけど、コーヒーショップに入って雑談。
かなりだらだらしてたんだけど、昼のちゃんぽんのパンチのダメージがまだ抜け切れずに晩飯チェックポイント予定だったトルコライスは断念。
まぁ、トルコライスは7-11の弁当でもあるから良いか (←そんな基準?)

るるちゃんと別れて宿に帰着。
いやぁ、ホントに食い倒れ道中だったわ(笑)

宿に戻ると秋津さんたかやまさんくろすけさん(通称関東三羽烏)からのお土産を頂く。
国立科学博物館の三葉虫のフィギュアに大喜び。ヒャッホウ!ありがとう!ウチのシーラカンス(MIUに付いてたヤツ)の隣に飾るよ!
更にはくろすけさんからの軽井沢万平ホテルのお土産、

万平ブレンド

コーヒー。(読みは「マンペイ」っての分かってるンだけどね!)

万平土産.jpg
(クリックで拡大)

万平ブレンド.jpg

余りの衝撃にその場で萌え死にしてしまいました。

萌え死に.jpg

思わず上機嫌でその後うっかり湯上がりの秋津さんにマッサージを始めてしまい、全身に施してる間に汗をかいてしまいました。風呂上がりなのに。
思わずもっかい風呂に入ろうかとか思ってしもただよw

翌日は佐世保予定。まむろさんも朝に到着なのででれでれと就寝。
よーし、明日もごりごり食うかー(そこなの?!)
posted by サキク at 22:21| Comment(4) | TrackBack(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サキクさんの代わりに(笑)横田神楽団見てきましたよ。
先週の倍は人がいたんじゃないかという位、多かったです。
やはり皆様横田神楽団がお目当てのご様子で(笑)
最初に五月姫(漢字間違ってるかも)が出てきたときにはちょいと
「えらくしゃくれたブサ(以下自粛)な姫だなぁ」と思ってしまいました(笑)
歌舞伎と違って声も野太いまんまだし(笑)
でも、話がすすむにつれ、上手い人なんだろうというのはよくわかりました。
面つけてから(笑)さらによかったです。なんかこの人のファン(主におっさん?)多そうでしたし。
Posted by さくら at 2005年11月19日 21:58
(続き)
初心者なんで役名を覚えてないんであれなんですが、
陰陽師?の偉い方(セリフのある人)がチョナンカンみたいでした(笑)
舞ってる途中の衣装の早替え、紐ほどくだけっぽいですが
あの衣装の構造が非常に気になりました(笑)
あれ、どうなってるんですかね?
舞手はみなさん若かったです。
滝夜叉姫のしもべ2人がイケメンぽかったですぅ。
白いカツラの人が昼ドラ「貞操問答」の運転手に似てたような(笑)
ついそういうところにばかり目がいくもんですみません(^_^;)
なかなか見応えある舞台でした。
個人的には先週の一つ目の神楽団が気になってるんですよね…。
最後の部分しか見れなかったのが悔やまれます…。

それにしても、今日の陰陽師2人はまわりまくってましたよ…。
特にチョナンカン。
あれは若い人じゃないと無理でしょうね。
Posted by さくら at 2005年11月19日 22:09
あたしも楽しませていただきました〜。
今度はランタンフェスティバル 見に来てくださいね。中国色にそまってますよ〜。
Posted by るる at 2005年11月20日 12:32
>さくらさん
うわぁ、横田見に行かれたんですね〜!羨ましいですー(>w< )やっぱり観客も多かったんですね〜。ああ、行きたかったな〜。
チョナンカン似…。私、クサナギスキーなので、見たらときめいたかもしれません(笑)
衣装の早替え。上半身が二重構造になってて、肩〜袖を引き抜くと上半身部分がばさーっと落ちて腰の所で折り返しになって、くるくる回ると上半身だった部分がひらひら浮く…って感じで‥‥。
‥‥‥文字だと説明し難いです(苦笑)

滝夜叉姫の部下の二人。夜叉丸と蜘蛛丸ですね〜。実は私、その二人が大好きなんですよ〜。男前だったのなら増々見たかったです(笑)
ちうか、貞操問題の運転手似‥‥。更に気に成ります(大笑)

>るるちゃん
お世話になりまして〜!ありがとうございましたvv
ランタンフェスの時期はオンリーで上京してるので無理です(笑)
るるちゃん広島に遊びに来て下さい (・ω・)丿
Posted by サキク at 2005年11月22日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9504571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

プチ報告
Excerpt: 秋津さんトコも旅行記があがりましたヨ
Weblog: すさび横丁ぐうたら記
Tracked: 2005-12-03 05:19


Excerpt: アイスクリンアイスクリンは、アイスクリームの過去の呼称、またはそこから派生した、鶏卵、砂糖、脱脂粉乳などから作られる乳脂肪分3%以下の氷菓のこと。高知県や沖縄県のものが有名。.wikilis{font..
Weblog: 最高の菓子たち
Tracked: 2008-02-01 20:25