2012年12月10日

本日の映画。サイボーグQの城


わーい、このタイトルシリーズ久々〜\(^o^)/wwww
年単位で久々ーw
ここ暫く舞台の感想も試写会の感想も全部全部雑談日記内でさっと済ませてたか全く書かないかだったからなー\(^o^)/
先月はシネマデーで天地明察とギャバンとタイバニとハシゴしましたが、基本、見る時はハシゴです。

て事でー。
009 RE:CYBORGと、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qと、のぼうの城とハシゴして来ましたー。

009
ttp://009.ph9.jp

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ttp://www.evangelion.co.jp

のぼうの城
ttp://nobou-movie.jp


以下感想。ネタバレしてます。でも基本的に説明は不親切ですw


見た順番は上記の通り。
009は2Dの方が見たかったので(3Dはメガネonメガネになるので重いし疲れるw)2Dの方で。で、これの上映時間が行ったシネコンでは朝イチの1回しかなかったので選択肢が他に無くー。
そんで後の2本は大体同じ時間で続いてたので、どっちを先に見てもタイムスケジュールは組める感じだったのでー。

‥‥‥多分、ヱヴァを最後に見ると胸にもやもやが残りそうっつーか、どんよりした気分で終わりそうな気がしたので、ヱヴァを先にしてのぼうを後にしてみましたw

因みに私はネタバレ大好きな人なので、ヱヴァの感想とかネタバレは先に見聞きしてました( ^ρ^)

て事で、〆はのぼうの城にしてみました。
先に言いますがこの順番で良かったですwwww
特に009→ヱヴァの流れは我乍らすげぇ並べ方だったと思ったwwww

えー、そんなこんなでまずは009からー。

まぁ、ある意味前評判通りって言うかね!
皆が口を揃えて「あれは話じゃ無くて音と映像を楽しむ映画だ」って言ってたけどね!本当にその通りだったwww
まごう事無き神山作品だったww

一番最初に見た予告編が実写を使った物ですっげー面白そうだったんだけどさ!
いや、話も面白かったよ!最後以外は!w

世界観的には、元々あったサイボーグ009の話の数年後の話。
平和が訪れた後に世界各国に散らばったサイボーグ戦士達が、再びの世界危機に集まり戦う…って言う…話のハズなんだけどね!

順番に突っ込みたいけど、もう結構うろ覚えw
まずジョーの彼女が最初の高層ビルテロで消息がどうなったのか。
後々登場したけど結局謎存在のまま。なんなのあの彼女。ジョーの妄想彼女?

そんで、赤いスーツに黄色いマフラーで全員が揃い踏みなのってオープニングで出て来た過去には揃ってましたーってカットだけと言う\(^o^)/
これはひどいwwwww

後、フランソワーズが予想以上にフランス女性で情熱的でびびったw
赤いワンピースの胸元、飾り的なデザインかと思ってたらそこ透けてる部分でうわぁおw谷間が見えるよセクシー!って言うか下着姿であばばばばばジョーに自分から行ったー!
あれっ?この二人がくっついてる設定は良いんだけど、こんなセクシーな関係でしたっけ?
流石に子供の頃の記憶なんで元々どうだったかとかあやふやなんですけど!私の知ってるフランソワーズはこんなじゃなかった気がするんですけど!て事で混乱w

それと、世界中のネットワークにアクセスしてるの、それ強化能力なんだろうかとか思うレベルw
ある意味一番神山作品らしい存在っつーか、すごく攻殻機動隊と言うか。

ジェットは鼻が‥‥‥髪が‥‥。
音速飛行時の姿が‥とてもリアルなんですけども‥。
ジョーと一緒に飛ぶ所は「君はどこに落ちたい?」をやってくれそうだとソワソワしたけど無かったwww

ギルモア博士も「鼻‥」って思ったw
後、年数結構経ってる設定っぽいけど、まだ存命な所に素で驚いてみたりした\(^o^)/

ブリテンかっこいいです。渋いです。
あんなにクネクネした印象のキャラだったのにwww
とてもブリティッシュでしたw

イワンかわいいよイワン。
目が見えてるのが凄く不思議だよイワンw

004アルベルト・ハインリヒ!
なに凄く格好良くなってるんだけどー!!!
いや、元々格好良いキャラだったけどー!!
白目キャラの目が良い感じに表現されてて格好良かった。

そう言えばフランソワーズの目がアップになった時、レンズが一瞬カールツァイスに見えたけどどうだったんだろうw

いやぁ、もうハインリヒのドイツっぷりがもう最高でした。


ジェロニモはジェロニモだった。
髪型‥‥
イワンを抱っこしてるのが「あ、やっぱりそのポジションは安定なのね!」と思ったw


チャンはまぁ‥
まさかの実業家だったけど何故か納得してしまったw
しかしギルモア博士と訴訟ってwwwwやだリアルwww


ピュンマ‥‥。
出番もっと増やしてあげて下さいw
つか、深海探査能力を発揮するシーン皆無だった\(^o^)/wwww


ジョーはもうツッコミ追い付かないから良いやw


で、途中まではね。
面白かったよ。
謎の連続多発テロ。
記憶を無くしたジョー。(すぐ戻ったけどね!)
各国でバラバラに活動してるから揃わない仲間!元仲間!
おい、ジェットwwwジョーと仲違いした理由www
ジェットがすげーアメリカな感じでうわぁでしたw世界の正義はアメリカの物的な意味でw

謎の敵とかなんやらと戦う面々、徐々に揃って来る仲間達。
皆で力を合わせて‥‥合わさるのかこれ?とか思ったり、各地でバラバラに行動してる人とか‥‥。
謎が解き明かされつつ…来てるのかこれ?とか‥。

思ってたらなんか人智を越えた存在が出て来たよ??????

とか思って‥うわぁ、哲学的な流れ来たこれとか思いつつ。
宗教的な事が混ざって来てこれとか思いつつ。
神山作品きたよこれーとか思いつつ。
いや、良く考えたら石森作品でも最後あんなやったわとかうっすら思いつつ。


してたら衝撃のオチだよ!!!!\(^o^)/


なんじゃそりゃぁぁぁぁぁああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!(フォントサイズ72位で)
って思いっ切り突っ込んだ!心の中で!!
いやちょっと位は「えっ?!Σ(0ω0 )」って音が漏れてたかも知れない!


え、で、結局どうなってるの?
何が起こってるの?起こったの???
誰か解説‥‥!!wwww
え、そんでピュンマは?あれ?え???

‥‥‥終わったーーーーーーーー!!!!



‥‥‥て感じで、凄い作品でしたw
力技どころの騒ぎじゃねぇw

映像と音楽素晴らしかったですw



そんな感じでお昼ご飯を挟んで次はヱヴァ見るよー。
ネタバレと考察は先に見てたからそこまで置いてけぼり感は無いだろうと思いつつ。


取り合えず一番的確だったネタバレw
http://blog.livedoor.jp/sokudokuex/archives/20044219.html

映画見終わった後に改めて見たら本当に的確だったwwww

後、わかりやすい流れの纏め
http://alfalfalfa.com/archives/6076948.html


これ、本当に視聴者はシンジと同じ気分になるんだろうなー。
「何が起こってるの?!」
って。

公開前に流れてた予告編でも直前頃の見てたら「誰?!今の女の子誰ってのが二人いたけど誰?!」て思ってたら片方はトウジの妹だった。
ヴィレって組織の人事知りたいわw寄せ集めなのは理解出来たけどw

ミサトさんが男前に成り過ぎててもう。
リツコさん髪の毛短過ぎてもう。
とかまぁ一通り皆と同じ感想は述べておこうw

カヲルくんは相変わらずっつーか更に輪をかけて美しくなってました。

カヲルくんが槍を抜く所で13号機を操作出来なかったのは、あれはダミーシステムが動いてたってので合ってるの?

しかしシンジが眠ってた?間の14年に何がおこってどうなってそうなったのかは描かれてないので謎が謎呼ぶー。
どう言う流れでヴィレが出来て、どう言う事になってネルフ殲滅に動いてるのか。
ネルフって誰が残ってるの?ゲンドウと冬月だけ?
14年間戦いっ放し?

謎は残りますなー。


後、見終わって一番最初にこみ上げた感想は


‥‥これ、本当に終わるんか‥‥?


でした。
後々鑑賞済みの人と話したりしてたら終わりそうな気はして来たけど。


後、話が飛ぶけど、平野耕太がTwitterで言ってたナディアとヱヴァの繋がり考察がすげーストンと来る感じだったので転載しちゃう。

以下転載


深夜だから妄想言ってもいいよね、またガーゴイルとエヴァの妄想なんだけどさ。ナディアでガーゴイル死ぬじゃん、でもネオアトランティスの残党っているわけじゃん、あれ、ゼーレになったんじゃねえかな

世界経済の80分の1支配してたわけじゃん、で、地下に潜ってゼーレとなって裏から世界を支配するのよ。んでさ、年月が経って自分らがもともとネオアトランティスだって希薄になるわけ。

で、忘れかけてるけど根っこには「古代アトランティス人の末裔」ってのがあるわけ。で、古代アトランティス人ってのはナディアだと、M78星雲の惑星オネアミスから来た人たちじゃん、でね、南極で惑星オネアミスから来たアダムと裏死海文書見つかるわけよ。

で、ブルーウォーターってアトランティス人全体の意思が溶け合って一体化した人類補完計画の亜種みたいなもんじゃん、でさ、だからネオアトランティス残党=ゼーレは、あれをやろうとしてるわけよ。


転載ここまで。
個人的には「ありそうー!」って思っちゃったんだけどどうだろう。

取り合えずヱヴァに関しては、多分見た人は大体そうだと思うけど、個人的に感想云々述べるよりも、観た人と意見を交わしたい、そんな気分ですw

取り合えず鑑賞終了後のこう‥なんとも言えない気分はのぼうの前に買物ぶらぶらしてたら解消されましたw
つまり私のちっぽけな脳みそでは考えるだけ果てが無い!と!\(^o^)/

あ、主題歌素敵でした。
先に曲だけ聞いてじわっと来たりしましたが、映画を観た後に聞くとまた違う気分で入って来ます。


て事でヱヴァの感想ここまで( ^ρ^)


巨神兵は夏に東京に行った時に特撮博物館展で見てはいたんですが、やっぱり大画面と大音響で見ると違いますねー!
巨神兵のデカさが一層迫力ありますー。

公園で吠えてた犬の可愛さがやっぱり大画面でもこう‥‥ww

それと、本当に景気良く爆発してるなー、ってwww
でもあれでジブリって出るとやっぱり違和感wwww

一応劇場版になってるっぽい?のかな?
細かい所まで把握してないので、どう違ってたかまでは分かりませんでしたー。

後、聖☆お兄さんの予告と、どう見ても変態仮面なHKの予告も見れて満足満足〜w


そうそう、劇場版好評を記念してポストカードプレゼントをやるみたいですねー。

以下、サイトから↓

その大ヒット・ロングラン上映を記念し、12月15日(土)より各上映劇場にて
「大入御礼・描き下ろしポストカード2012 / 2013」プレゼントキャンペーンを実施いたします。

同キャンペーンは、年末年始にかけて全4弾を予定。
入場者全員に、総作画監督・本田雄描き下ろしイラストを使用したポストカード1枚を差し上げます。
第1弾を飾るキャラクターは、「式波・アスカ・ラングレー」。


↑転載ここまで
リピーターの人には嬉しいキャンペーンかもー。




そんなこんなで最後にのぼうの城〜。
原作は読んで無いけど、オノナツメさんが挿画をされてたので、出版当時に「おっ?」とは思って気にはなってました。
その後、話題になってたのでその内読もうかな〜とか思ってたら先に映画になったでござるー。


取り合えず石田三成がうぜぇでしたw

ブンシャカさん、こう言う役はハマるんだなーw

なんか、見る前のイメージとして、のぼうさまってのほほんとしてるけど、やる時はやるとか実はキッチリしてるって人物なのかなーと思ってたそうでもなかったw
割りと直情と言うか、自分に素直な人だった。
その素直さとか、そこから興る行動が人に好かれるものだったんだろうなぁ、みたいなー。

佐藤浩市が格好良かった〜。
黒拵えの甲冑!槍!良いわぁ〜(´ω`*)

山田孝之がどうしても直近でヨシヒコを見てるから、あのイメージがwww真面目な人物なんだけど、なんかこうなんか‥( ^ρ^)

ぐっさんも凄いよね!表情の縁起とかはいつも思うけど凄い!
他のキャストも豪華だったわ〜。

話も演出も安定してて見ててわくわくしたりハラハラしたりのポイントが分かり易い。
登場人物が多い中、各人物、各立場、各陣営でのそれぞれの話が上手い具合につなげてあるから、見てて「あの人は今どうなってるの?この人どうなったの?」ってのが無く、本当に丁度良い感じで色んな自分のスポットに集中出来ました。

まぁ「うわぁ、合成ww」って丸わかりになるシーンがちょいちょいあったのがたまに感覚が引き戻される感じだったけどw


話題になってた萬斎さんの舟上ので舞も面白かったし〜。
映画の前に歴史番組であの辺の話を紹介してたのを見てたので秀吉のやった水攻めとの違いも認識出来てたし。
時代物はその背景が分かってると一層面白いよね、ああ言うの。

良い作品だし、面白かったけど、まぁ正直な所は飛び抜けて面白かったかっつーとそこまでは‥って感じでしたがw
でも丁寧に作られてる良い作品でした。画面が良い。キャストも良い。演出も良かった。

そんなこんなで、まとめて言うと、面白かったー!と言える作品でした〜。


そんなこんなで、ざっとものすごーく乱雑な感想でしたーw

誤字脱字とか気付いたら直しますー。
思い出した感想とかあったらひっそり追記しまーす。
posted by サキク at 03:12| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。