2012年09月24日

熊野詣でと特別対談

2012年9月23日。瀧水さんと和歌山は熊野本宮大社正遷座120年大祭のイベントに行って来ましたー。

特別対談、揮毫。今こそ、熊野
ttp://www.wadahiromi.com/kumano/
対談は熊野本宮大社宮司、九.鬼.家.隆.氏。漫画家、荒.木.飛.呂.彦.先生。脳.科.学.者、茂.木.健.一.郎.氏。作家、和.田.裕.美さん。
揮毫は金.澤.翔.子さん。
場所は明治時代まで熊野本宮大社があった場所、大.斎.原(おおゆのはら)。

最初瀧水さんが「これに行くんだ〜」って話をしてて「いいな〜」って言ったら「一緒に行く?」と誘って頂けたのでホイホイされて来ました。
熊野古道や熊野参りは一度行ってみたかったけど、中々行く機会も無くて。こう言うタイミングなら行けるかな〜と。

て事でえっちらおっちら行って来た!
まずは行きは大阪まで高速バス。大阪から紀伊田辺まで電車、そこからバスで熊野。

熊野は熊野三山と言って、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社と3社あるんだけど、今回はその中の一つ、熊野本宮大社のみ。
折角なので熊野古道もちょっとだけ歩く事に。
夜は温泉宿で泊まって、明けて翌日イベント参加して、それから帰るっつーコース。


大阪から紀伊田辺駅まではJR。最初は特急使おうって事にしてたんだけど、在来線で案外時間の丁度良さそうなのがあったので、急遽その場で切符変更w
鈍行でのんびり行きましたー。
途中で「道成寺」の駅にテンション上がりましたw
文楽や歌舞伎や能の演目で有名なあの道成寺だよー。
途中のバスでも、清姫や真砂って地名があって「おお!ここが!」って気分になった(^ω^)

更に太平洋で水平線が見える事に喜ぶ瀬戸内海育ち2人w
だって島影無いんだもん!地球は丸いんだもん!www
まぁ天気が微妙で空と海の境目が曖昧でしたけどね\(^o^)/www

そんなこんなで乗り換えの紀伊田辺駅に到着。
ここでバスの時間までそこそこあるのでこの辺を散策。

紀伊田辺は、弁慶の生まれた地だそうです。
120923_01.jpg
丁度10月に弁慶祭りっつー有名なお祭りがある様で、周辺に幟とかポスターとか沢山出てました。

事前に紀伊田辺駅周辺を調べて「闘鶏神社」と言うのがあると知ったのでそこに行ってみる事にしてました。
なんでも熊野三山を観請した三山の別宮的な神社でここに参拝したら三山参詣に代えることが出来ると言う。今回、三山の内、本宮大社しか行かないので残りの二社をここでお参りした事にしちまおうぜ!的なw
ttp://event.jr-odekake.net/spot/95.html

駅から割りと近くて、行き易かったです〜。
120923_02.jpg

闘鶏されてたんで闘鶏神社。
120923_03.jpg
まぁ個人的に「とうけい」っつーと「東亰」に脳内変換ですけどね!( ^ρ^)

境内には鶏の像も。
120923_04.jpg
他にも神馬とか弁慶とか色んな像もあったよー。
境内は結構広くて、摂社末社と社も多かったです。
後、流鏑馬出来る広い道もあったよー。

紀伊田辺ご当地キャラ、た.な.べ.ぇ。
120923_05.jpg
可愛い。

お昼ご飯に事前に調べたパン屋さんでサンドなど♪
今回買ったパン屋さんには「た.な.べ.ぇ.サ.ン.ド」って言う、鶏肉と梅肉を使ったサンドもあって、それが名物みたいでした。た.な.べ.ぇ.サ.ン.ドは瀧水さんが買ってましたん。

しかしこの駅前、やたらパン屋さん多くてさ。しかもどこも安いの。
駅に入ってるパン屋さんも美味しいとの噂だったので、翌日の朝ご飯用にそこでもパンを買いましたw


そうこうしてたらバスの時間に〜。
バスは片道2000円越えなので、駅前のバス案内所で切符を買っておきました。
120923_06.jpg
硬券!!久々に見てなんかちょっと嬉しい気分にw

さて、山道をバスに揺られる事2時間ちょい。
一旦熊野本宮大社前を通過して、終点の発心王子門で下車。
ここから熊野古道を歩きます。

熊野古道は紀伊路、小辺路、中辺路、大辺路、伊勢路の五つのルートがあって、今回歩くのは中辺路(なかへち)。その中辺路の中でも初心者向けの発心門王子から熊野本宮大社の8km程度の距離を歩きます。

バスを降りて山道へ〜。
120923_07.jpg

こっちの道は、発心王子の手前、猪鼻王子からの道。
良く写真とかで見る熊野古道ってイメージの道です。
120923_08.jpg
まぁ私達が歩いた道はこんな険しい所は殆ど無かった次第ですが。雰囲気雰囲気w

こちらが発心門王子
120923_09.jpg
王子と言うのは、大阪から熊野三山の間の道に置かれた熊野権現を祭祀した百近い基点で、九十九王子と呼ばれてる物で、現存してる物は少ないんだそうな。
その中のひとつ、発心門王子。

これらの基点を目安に道を進みます。
道は、熊野古道とは言うけど、途中途中で民家が多い所も通るので舗装された道も多いです。

彼岸花が見頃で、道々あちこち咲いてました。
120923_10.jpg

たらたら歩いて次の水呑王子。正確には水呑王子跡。
120923_11.jpg
うっかり写真撮り損ねたけど、この石像の横に水が湧いてて、その水が今でも飲めると言う。
単なる手水だと思ってたけど、平安時代からの物だったよ\(^o^)/
飲んでおけば良かったーw

以下、暫く道コレクションw
水呑王子から先の道。
120923_12.jpg
ここの手前にちょっと良い感じの廃墟がありました。写真撮りまくったわーw

整備された綺麗な道。
120923_13.jpg

流石世界遺産指定。この辺綺麗で歩き易かったわー。
120923_14.jpg

途中、舗装されたアスファルト道路に繋がる道。
120923_15.jpg
木の枝がトンネルみたいになってて良い雰囲気。
120923_16.jpg

開けた場所も結構あったよー。
120923_17.jpg

途中途中でトイレや休憩所の綺麗なのも整備されてるので、ちょいちょい一休みしながら行けます。
道中に茶屋みたいなのもあったりするので、飲み物や食べ物で一休みも出来るよー。家々のある辺りだと自販機もあったりするし。

て事で、途中でスタミナ切れしそうだった瀧水さんが、まず自販機でリアルゴールドを購入。そのちょっと後にあった茶屋的なお店であずきバーを購入。
このお店、100円のアイズバー1本買っただけなのに、瀧水さんと私の2人にみかんと冷やした飴を「道中でどうぞ〜」ってそれぞれにひとつずつ下さったよー。なんと言う大サービス‥‥!
申し訳なくなって思わず温泉コーヒー(温泉水で淹れたコーヒー売ってた)買おうと思ったけど、次のトイレまでが不安だったのでやっぱり止めてしまいましたすみません/(^o^)\
ちょうどこの辺が発心門王子から熊野本宮大社までの中間地点辺りだったので、お店の人に「後もう少し頑張って〜」と見送られつつ、再び歩を進めます。

てな感じで糖分補給をしつつも歩いてると、次の伏拝王子に到着〜。
120923_18.jpg

ここは和泉式部がここから本宮大社を見たと言う場所。
120923_19.jpg
和泉式部の歌碑もあります。
歌碑はわりとちょいちょいあって、発心門王子にも藤原定家の歌碑もあったよー。
丁度「うた恋」アニメを見てた時期だったので、私も瀧水さんもうた恋の定家くんを思い浮かべたりしてましたw

んで、この脇にもトイレ&茶屋の休憩所が。
瀧水さんがここで紫蘇ジュースを買って一休み。
次は三軒茶屋跡を目指します。

三軒茶屋跡には、昔の関所跡もあります。
120923_20.jpg
て事で九鬼関所跡。

ここは高野山と熊野を結ぶ熊野古道小辺路と中辺路が交わる所。
120923_21.jpg
右に行くと高野へ行きます。

三軒茶屋。
120923_22.jpg
ここにも休憩所があって、物産売ってたりもしてたよー。梅干しとかー。

さて、また道々を辿りつつ〜
120923_23.jpg
次は祓戸王子を目指します。
120923_24.jpg


て事で祓戸王子到着〜。
120923_25.jpg
ここまで来たら熊野本宮大社はもうすぐ!
本宮大社に入る前に、旅の塵を払った場所だそうです。

そんなこんなで本宮大社に到着〜!
120923_26.jpg
こっちは裏からの参道になります。
ここまで大体2時間半の道のり。
ガイドブックには大体2時間と書かれてるから、ちょっとゆっくり目かなー。
後半はちょっと目安時間から遅れ気味だったから早めに歩いたけど。

脇を抜けて拝殿到着〜。
120923_27.jpg

熊野本宮大社は家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)を主祭神として、他にも多くの神々を祀ってます。
上四社として第一〜第四殿の社殿があります。

境内にある八咫烏のポスト、八咫ポスト。
120923_28.jpg
ここから郵便投函出来るよー。

事前にガイドブックで知ってたので、ここから手紙を出そうと思っててー。
お守り授与所で扱ってる絵馬も投函出来たりします。
50円切手は用意してたんだけど(持って来るつもりが忘れてたので、紀伊田辺で切手売ってる所を探してその場で購入したw)、葉書はどうかなーと思ってたら、絵はがきも売ってて一安心(3柄1組の売ってましたん)
ひとまず旅の記念に自分宛に1枚その場で書いて投函。
後は宿に行って書いて、明日また投函しようと。

ひとまず葉書と一緒に御朱印押して貰って、他にもお守りや、熊野と言えばこれ!の熊野午王神符を授けて貰います。
熊野午王神符についてはコチラ
ttp://www.hongutaisha.jp/gooufu.html
熊野三山でそれぞれ柄が違うんだよー。

お神籤も引いたよー。中吉だったか小吉だったか(もう忘れたw)でした。

神符3枚買って(自分用とお土産用)、お守りも自分用とお土産用と(サッカーやってる友達に八咫烏のお守りとか)求めたりしてたら今回一番の出費になったw(※交通費や宿代以外で)
ちょっとはしゃぎ過ぎたw

と、私が授与書でそわそわ物色してる間、瀧水さんはベンチで休憩してましたw
待たせてスマンレベルでじっくりお守り物色してたww

てな感じで、本宮大社を満喫してから辞します。
裏から入ったけど、表を目指して通常の参拝と逆コース。

これは境内に掲示された明治までの熊野本宮大社の絵。
120923_29.jpg
明治の大水で被災して、現在の地に移される前の姿。
今はこの跡地が「大斎原」となって、中四社と下四社として第五〜第十二殿を祀った石祠が祀られてます。

石段は約170段らしいです。
120923_30.jpg

こっちが表の鳥居。
120923_31.jpg
正面からどーん。



さてそれから明日の対談の会場の大斎原(おおゆのはら)の下見をしようかと言ってたけど、今夜の宿へ行くバスの最終の時間がギリでー。どうしよっかーと話してて。
当初、時間がギリなら歩いて歩けない距離でも無さそうだから、歩こうかねぇとも話してたんだけど、ここでまぁ下見して運動がてら歩いて行こうかー、って事に決定。

じゃぁバスの時間気にしないならお土産屋さんも見て行こうかー、と土産物も物色。
ついでに食料も購入。宿を素泊まりにしてたから、宿で食事無いからー。

それから大斎原までたらたら5分程度歩きます。
夕暮れの大斎原の大鳥居。
120923_32.jpg
日本一の大鳥居(高さ33.9m、横42m)だそうな。

10月7日にピンクリボン運動で大斎原の大鳥居をピンクにライトアップするってイベントがあるのはここに来てポスター等で見掛けて「へぇ、そんなのやるんだー」と思ってたんだけど、丁度この日にそのライトアップのリハーサルをやってて、ライトアップを見る事が出来ました。

ピンクと言うよりは紫っぽかったけど、当ててるライトは確かにピンクでした。
120923_33.jpg


て事で、すっかり日没になって、ちんたら徒歩で宿を目指す事に。
宿は近場の温泉宿。
宿に電話したら迎えに来てくれるかねぇと言いつつ、まぁ1時間も歩けば着くじゃろー、と徒歩開始。

本宮前の家やお店が多くある辺りから段々外れて来て、そろそろ家とか無くなるよー、って辺りで、石材屋さんの店先でそこのおじさんが「今からどこまで行くの?泊まる所決まってるの?」と心配そうに声を掛けて下さいました。
「この先の川湯温泉に宿取ってます〜。歩いて行こうかとー。1時間もあれば着くかなーと」的な事を答えると、心配して「送って行ってあげようか?」と言って下さったんですが、ちょうど車を洗車してらっしゃる所だったし、なんか申し訳ないわで「大丈夫です〜、ありがとうございます〜」と辞して再び徒歩再開。

んで、また歩き出したけど、やっぱり遠いよねw
追い越して行く車が時々「あれ?」みたいな感じで減速したりして行く事がちょいちょい。
ちっと歩いてるうちにとっぷり真っ暗に。
そして雨も降り出したりwまぁ2人とも折りたたみ傘を持ってたのでそこまで困りはしなかったけど。

んで、歩いてたら途中で後ろから来た軽自動車がハザードを点けて少し先に停車。進行方向に対して右側に歩道があったので、そこを歩いてたのて、止まったのは左側。「あれ?」と思ってたら運転席の女性が「どこまで行くの?」と声を掛けて下さいまして。
先程と同じ説明をしたら、「おばちゃんが乗せて行ってあげようか〜?」と。助手席に座ってたご主人も「乗って行きんさい(いやこれは広島弁の言い方だけど。普通ってどう言うっけ?w)」と仰って下さったので、今度はお言葉に甘える事に。

正直助かりましたw

乗せて頂いて、今日の宿を説明したら「あぁ、あそこね」とすいすい〜っと。
車中でご夫婦とお話させて頂いていたら、そのご夫婦の親族に広島繋がりが多い事が分かりまして。
「縁ですねぇ〜」とかしみじみ。
あっと言う間に宿に到着しました。

宿の人が駐車場に案内してくれて、一旦駐車場へ。ご夫婦にお礼を述べまくって下車しました。本当にありがとうございます。
熊野の人は良い人ばかりだー。

んで、車から後部座席の2人だけ降りて、また車が出て行くから宿の駐車場案内の人が驚いてw
運転席から「送って来ただけだから〜」と言って、宿の人が「そうなんですか!ありがとうございますΣ(0ω0 )」て遣り取りしてるのが聞こえました。
いやもう本当にありがとうございました。

宿の人に事情を話して「こちらに電話したら送迎とか無いかな〜って話もしたんですけどー(苦笑)」って言ったら「そう言う時は遠慮無く頼って下さい」って言われました。
そうか、電話して良かったのかw

て事でお部屋へ〜。
わーい、お部屋広〜いヽ(´▽`)/

温泉でしっかり疲れを癒すよ〜。
泊まったのはこちら!
川湯温泉 山水館 川湯きのくに(旧 木の国ホテル)
ttp://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/18486/18486.html
屋内の大風呂の他、川沿いに露天風呂も。

露天風呂は混浴だけど、女性は温泉用の水着代わりの浴衣の簡易版みたいなのがあるので、それを来て露天風呂に行きます。(内風呂では使用不可)男性はそんなの無いのでタオルを使うか堂々と行くかって感じですw

何気に人生初混浴だった気がするw

まぁでも湯船が4つあったんで、男性女性がなんとなーく別れて入ってましたけどもw
河原にある露天風呂なので、温泉で身体が温まったら川の水に浸かって身体を冷まして、また温泉に〜って言う温冷入浴が出来ます。
折角だから川にも入って来たよ。

開放的で気持ち良かったですー。
残念だったのは天気が下り坂で星のひとつも見れなかった事\(^o^)/
晴れてたら絶対星が綺麗なんだろうなー。悔しいなー。
まぁでも日中はずっと曇天で古道を歩いてる時は暑過ぎず寒過ぎず、焦げる事も無くで凄い有り難かったもんなー。
天気予報では夜に降って翌日は昼からは晴れとの事。

後はまぁイベントの時間帯に降らなきゃそれで良いや、と。屋外イベントだし。

そんなこんなでー。
温泉も露天も内風呂も満喫して、明日の予定も決めてだらだらしてから就寝〜。
夜中に雨の音が酷くて目が覚めたりもしたけどw
ついでに深夜放送でアニメやってたから見たったわwwwアクセルワールドの最終回とソードアートオラインやってたからw


結局寝付いたの朝の4時位だったわwww
前日も夜行バスで全然寝てない上に熊野古道歩いたってのに、割りと平気なもんだわw


て事で翌朝〜。
120923_34.jpg
雨止んだー!!(゚∀゚)

因みに河原の露天風呂はこんな感じでした。
120923_35.jpg
そこそこの広さの湯船が4つ。
120923_36.jpg
朝から入浴してる人も結構多かったよ〜。

河原に続く川湯温泉。
120923_37.jpg
昔ながらの湯治場って感じで良かったよー。


朝ご飯に昨日買ったパンを食しつつゴーバスのギャバン回見たりシャバドゥビタッチヘンシーン見たりプリキュア見たりしましたw
身支度もして出発準備おk!

宿からは本宮大社まで送迎があるって事だったので、そちらを利用させて頂く事に。
最初はバスを使う予定だったのでありがてぇありがてぇ。

まずは改めて本宮大社を参拝。
昨日は結構薄暗くなってたから、境内の末社とかゆっくり見て無かったのでー。

今度は正面から参拝するよー(・∀・)
120923_38.jpg

て事で、清々しい気持ちで境内満喫!
昨日は閉館時間になってて見れなかった宝物殿も見て来ました〜。じっくり見て来たよー♪

お参りの後は、近場のお土産屋さんとかをぶらぶら。こちらも昨日はもう閉店になってる所が多かったからw

熊野詣で名物、もうで餅!
120923_39.jpg
搗き立ての餅にあんこが入って、はったい粉がまぶしてあります。
お抹茶とセットで315円。
お土産用は9個入りで850円です。

こちら、お店が昨年2011年の台風12号の被害でお店が被災したとの事で再建を目指しつつのプレハブでの営業でした。
早くお店が戻ると良いですね。

台風の被害の爪痕はここに来るまでもあちこちに残っていて、バスで来る途中の道があちこち工事中だったり、脇の山の法面が崩れたままだったりでその被害の大きさを物語っていました。
なんでも明治の本宮大社が流された時並みだったかそれ以上だったかの大水だったとか。

今回も直前に大雨が降ったりこの後に台風が接近しそうだったりしてたので、上流のダムが放水してて川の水が茶色く濁ってました。
自然の脅威はいつの時代でも怖いですね。

まぁそんなこんなもありつつ。
もうで餅美味しかったです。
瀧水さんはここで「もうで蕎麦」と名物めはり寿司のセットも追加注文。
隣のテーブルで食べてる人のが美味しそうだったとかでwまだお昼には早いけどお腹空いたしー、とw
蕎麦は梅と柚子皮と大根おろしが入ってた‥んだっけ?wめはり寿司は梅ご飯を高菜の漬け物でくるんだもの。
一口ばかし頂いたけど、美味しかったよ〜。他にも色々メニューあってどれも美味しそうだったー。

んで、瀧水さんが食事を終えて11時位。
ちょっとだら〜っとしつつ、最初に「お昼ご飯ここにしようか〜」って言ってたお店に移動する事にw
11時半からランチタイムだとガイドブックに紹介が載ってたから、ちょっと早いけど行ってみようかー、と。
カフェだからケーキとかもあるから、蕎麦を食べた後の瀧水さんでも大丈夫!的な!w

て事でそのお店までたらたらと歩いて〜。
薬膳カレーを食べてみました!

美味しかったけど、ここのお店の接客態度が最悪だったので印象最悪ですw
店内はオサレな雰囲気で料理も美味しいんだけどねー。居心地悪いのなんの。
まぁもう二度と来る事もないだろうから良いけども。

て事でー。食べ終わったら早々に退出w

昨日気に成ってたソフトクリームで口直しするかー、と移動しましたw

でもまぁ流石にすぐすぐは食べられないのでお土産屋さんとか覗いたり。
ガイドブックに載ってたパン屋さん覗いたり。帰りのバスの中でお腹空くだろうから、帰り用に買っておくか〜って幾つか買ってみたり。
それにしても今回、パン買ってばっかりだなw
温泉コーヒーも売ってたのでコーヒー買って一息ついたりもー。

仮説の観光案内所兼休憩所みたいな所もあったので、そこをちらっと覗いたら、これから行くイベントのチラシも置いてあったよー。


色々覗いてから念願の黒飴ソフトアイス!
120923_40.jpg
黒いのは竹炭入りだからです。あれ、備長炭だったかな?w

この辺は「那智黒」って黒飴が有名なんですが、それのソフトアイス。
本当に黒飴ー!って味で美味しかったよ〜(´ω`*)

一息ついた所で、本宮の脇に正遷座120年の看板出てたのに気付いたので、今更撮ってみたw
120923_41.jpg
因みに熊野本宮大社は復活と再生の神社だそうです。

熊野本宮大社
ttp://www.hongutaisha.jp/index.html


そんなこんなでー。
ぼちぼち今回のメインイベントの開場時間が近付いて来たので、大斎原に移動開始〜!

改めて、何も無い所にどーんと鳥居の存在感が。
120923_42.jpg

周囲に比較対象が無いと、大きさの実感がいまいちだよねー。
120923_43.jpg
写ってる人間のサイズでなんとなく把握して下されw

続々と開場へ向かう人々。
それにしても雨が止んで良かったわー。

大鳥居の島木に掲げられた八咫烏。
120923_44.jpg
鳥居の大きさから比較すると、人間の大きさくらいあるんだろうなーと思いつつ。
戦艦大和の艦首の菊紋と同じ位かなーとかぼんやり思ってみてましたw(あれは150cm)

キラッ☆
120923_45.jpg
この見上げ感。

会場へ続く並木道。
120923_46.jpg

こちらが大斎原に残された中四社と下四社。
120923_47.jpg

対談の場所はその脇に特設。
120923_48.jpg

前売りで500席ほぼ出て、当日追加席で600席程度が準備されてました。
これが殆ど全部埋まってたからね〜。

席を確保して、時間があるので河原を散策。
120923_49.jpg

今日もダム放水してたので、やっぱり川の水は濁ってる。
120923_50.jpg

広いなぁ。

ここらに明治まで熊野本宮大社が鎮座してたのか〜。
本流に当たらない脇の水は結構綺麗だったよー。

やたら広いけど、向こうに見えてる鳥居が何せ日本一の大きさだからなんか大きさ感覚おかしくなるw
120923_51.jpg
軽トラとか小さく見える程度には広いんだけどw


そんなこんなで時間になって対談も開始!
撮影は禁止なので話に集中〜。

荒木飛呂彦先生、生で拝んでも年齢不詳でしたw
喋ると声はそこそこ年相応な気もしたけど、話す内容が若い若い!

ジョジョシリーズに触れる話も沢山聞けて面白かったー!!!
スティルボールランを描く前に、旅をする感じを体験したくて熊野古道を歩いたらしく、その時の話とか。
修行が好きなんだとか。
作品を描く時の感覚とか。
他にも質疑応答コーナーで客席からの質問に答えて下さったり。

茂木さんはどこに行ってもフリーダムでしたwwww
その場で写メってTwitter投稿したり
ttps://twitter.com/kenichiromogi/status/249743260409528321
人が話してる時に立ち上がってうろうろしたり
ttps://twitter.com/kenichiromogi/status/249752636893585408
Twitter見て客席の勝間和代さんをステージに呼び出してみたり。
最後に記念撮影もしてたりw
ttps://twitter.com/kenichiromogi/status/249769541721260032

まとめられてたw
http://togetter.com/li/379256

主宰の和田さんの話も中々熱かったです。茂木さんに選挙出なよって言われるくらいに弁舌が達者な勢いでした。
熊野大好きなんだなーってのが伝わる的な意味で。

宮司の九鬼さんのお話も貴重なお話が聞けたりでした。


そんなこんなであっと言う間の数時間!
天気も良く成って暑い位でしたが、来場記念に頂いた熊野本宮大社の扇子が大活躍でした。この扇子、本宮大社のお守り授与所で売ってたーとか思いつつ使ってたけどw
座った場所も丁度良くて割りと木陰になってる率も高くて助かったw

対談の後は、金.澤.翔.子さんの揮毫。
書いてる所は全く見えませんでしたけども\(^o^)/www

イベント終了後にごゆっくりご覧下さいと言われたんだけど、バスの都合とか考えて、人垣が出来るのを横目に見ずに終わりました。

どんな感じだったかは主宰の和田さんのブログに掲載されてたのでそちらを〜。

茂.木.健.一.郎.さん、荒.木.飛.呂.彦.さん、金.沢.翔.子ちゃん、そしてみなさんありがとう
ttp://ameblo.jp/wadahiromi/entry-11363491197.html


そんなこんなで、慌ただしく会場を後にして、バス乗り場まで。
やー、この紀伊田辺まで戻るバス、イベント後に乗れるのって1本しか無くてさ…。乗り損ねたら怖いし、公共交通機関これしか無いから混んで乗れなかったら怖いしで‥。
て事でいの一番にバス乗り場に陣取りましたw

乗り場の順番キープして、そこでゆっくりお手洗い行ったり、自販機にコーヒー買いに行ったりとかしてましたー。
瀧水さんに「缶コーヒー買ってくるわ〜」って言ったら、私が先に黒飴ソフトを買ってた所にあった梅ソフトがずっと気に成ってたらしく「行くならついてに梅ソフト買って来て欲しいな〜(´∀`*)」って言われたりw
いや、その梅ソフト売ってるお店の自販機まで行かなくて、もっと近くの自販機に行くつもりだったから「そこまでは行きません」って断ったけどwww
待ってる間にさっき買ったパンを食べて空腹を満たしたり。
もっかい本宮大社行ってみたり。
割りとあれこれは出来ました。

そんなこんなで帰りのバスも座る事が出来て一安心。2時間山道走るから、立ちっ放しってのも結構しんどいからねー‥‥。
バスはそこそこ混んでたけど、並んでた人は全員乗れた位だったから、イベント来場者は自家用車とか、イベント参加ツアー利用の人が多かったんだろうなー。


バスの中から湯の峯温泉もパシャリ。
120923_52.jpg
一度死んだ小栗判官がここの湯に浸けられて生き返ったっつー伝説の残る温泉地。
熊野はここ湯の峯温泉と、私達が泊まった川湯温泉と、もう一カ所渡瀬温泉の3つの湯治場があります。
湯の峯温泉は日本最古の温泉で、世界遺産にも登録されてる「つぼ湯」ってのが有名です。営業してる公衆浴場で世界遺産に登録されてるのは唯一ここだけだそうな。
ここもいつか行ってみたいなー。

所で帰りに乗ったバスの停車ボタンがなんか可愛かったw
120923_53.jpg
猫?wwww

そんなこんなで紀伊田辺駅前まで戻って、帰りは特急くろしおで〜。
120923_54.jpg
自分らが乗ったのは自由席の車両だったけど、指定席車両にはパンダ車両っつーてパンダまみれの車両があったよ。可愛かった〜。
南紀白浜のアドベンチャーワールド仕様だね!

大阪まで戻って、そこからまた高速バスに乗り換えて帰路に着きました〜。
途中のSAのお手洗いの手荒い場が中々機能的になってたわw
120923_55.jpg

ここのSA、暫く工事してたの終わったと思ったらこうなってたのね〜。なんか昔々の公衆トイレの男子トイレを彷彿としましたが、ネタが古過ぎて瀧水さんには通じませんでした\(^o^)/www


てな感じでー。
みっちり楽しんだ熊野詣ででした!
瀧水さん、本当にお世話になりました!ありがとう!そしてありがとう!!
瀧水さんと一緒に旅行に行くのも久々だったから楽しかったよ〜。またどこかに行こうね〜(´∀`*)


所でこちらのお土産屋さんで熊野古道な地ビール「熊野古道麥酒」ってのを見掛けまして。
以前にお伊勢参りをした時に見掛けたあっちの地ビールと似たよーならラベルで同じよーに古代米使ってるって言うから、多分同じ所が出してるんだろうなー、と思いつつ買ってみたんですよー。
120923_56.jpg


帰宅して伊勢の分も調べてみたらやっぱり同じ所が出しててー
120923_57.jpg
こっちがお伊勢さんの「神都麥酒」。

‥‥って、このクラフト、よく見たらこないだ地ビールフェスタにも来てたクラフトだった!

伊.勢.角.屋.麦.酒
ttp://www.biyagura.jp/

ペールエール飲んでたわー。
へー、他にも色々出してるんだー。ちょっと気に成るー。
機会があれば他のも飲んでみたいです。

で、買って来た熊野ビールは、お土産に配って自分用のはまだ飲んで無いので味の感想が言えませんw
伊勢の地ビールは美味しかった記憶がありますw

そんなこんなな熊野土産でしたw
しかしなんだね。やっぱり直販のがちっと安いなwお土産屋さん価格はちっと嵩増しw

行く時に500mlペットボトル3本抱えて行って重たかったのが、帰りに軽くなるわー、と思ったけど、これを何本か買ったから帰りも重たかったって言う話( ^ρ^)


誤字脱字は気付いたら直しますーw
ネタを思い出したらそっと追記もして行きますーw
posted by サキク at 23:49| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。