2010年07月02日

追い駆けて追い掛けて

白い空に星が廻り始めた

僕は唯、一人に成るのが怖くて走り出した
見えない星を追いかけて、泣きそうに成るのを堪え乍ら

立ち止まればきっと泣いてしまう

滲む視界を誤魔化す様に空を見上げて走り続ける
俯かない様に見えない星を見上げて走り続ける
posted by サキク at 22:56| Comment(0) | 詩とか散文とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。