2010年05月26日

バラードの夜

月光のバラードを聞いた夜は
静かに瞳を閉じよう

息を滲ませて見上げた寒空
厚い雲の切れ間から満月が姿を見せ
また雲に包まれた

音の無い夜には
かすかなバラードを

思い出すのは
心を締め付けるフレーズ
口づけた月明かりは
すぐに雲に消されて
届かない時に一人 残されているよう

静かに瞳を閉じたい夜は
月光のバラードを聞こう


1995年11月発行「四海ヶ原」(るろけん本)掲載


posted by サキク at 23:46| 詩とか散文とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。